FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2014年02月09日 (日) | 編集 |
昨日は凄い雪でしたね。
石巻の積雪38㎝は91年振りだそうです!


自宅前もすっかり真っ白になりました。

20140209114335acb.jpg


こうなる前に梅吉たちを保護しようと頑張って来た事を思えば改めて嬉しく思うものの、どこかでは雪の中で凍えて亡くなった野良猫たちもたくさんいただろうと思うと、やるせなくもなります。


201402091143584a1.jpg外はすごく寒いんだよね。


ーーーーーーーーーーー


そんな中で飛び込んで来たのは、知人の猫の死の知らせでした。


2014020912071986e.jpg


震災後、まだ子猫で知人宅に流れ着いたトラちゃん。大事に飼われていたのですが、一週間前突然オシッコが全く出なくなり食事も取れなくなってしまったそうです。

町からは遠く、掛かり付けの動物病院から処方されていた薬を何とか飲ませようと努力したのですが、二日後に息を引き取ってしまったのだそうです。


状況から考えられるのは「尿結石」。

猫に多い病気で、オシッコの通り道に結石が出来るのが尿結石です。また結石や細菌により膀胱が炎症を起こす膀胱炎もよくみられる病気です。

個々の体質もありますが、オス猫は特に尿路が非常に細く、曲がってもいる為、ミネラル分の多い食事だと尿に含まれているミネラルが結晶化しつまりやすくなります。

猫は2~3日オシッコが出ない状態が続くと、尿毒症で簡単に命を落とします。
特に冬場、運動量が減ると水をあまり飲まなくなってオシッコ自体濃くなると若い猫でも発症しやすくなります。

サインに気付いたら、様子見せずすぐに動物病院に連れて行ってください。

《サインの例》

何度もトイレに行く
トイレ以外で粗相する
オシッコ玉がいつもより小さい
しきりに性器を舐める など。



トラちゃんもすぐ病院に連れて行けていれば命は救われたかもしれませんが、亡くなってから連絡があったのでどうにも出来ませんでした。


ただ今出来るのは、他の猫たちを同じ目に会わせない為に注意を呼びかけることだけです。

予防策はとにかく水分摂取量を維持させることです!

我が家の方法は、缶詰(スプーン一杯)をお湯で溶いてスープ状にしたものをカリカリと一緒に与える。

水の代わりに人肌のお湯をあげただけでもよく飲んでくれます。

あとはミネラルの多いものは与えないことです。人間には良い物だからと行って、猫にコントレックスを飲ませていたおばちゃんがいました、笑えない話です(-_-;)


他にも、食い付きが良いからとカツオブシや煮干しを与えるのもほどほどに。これもミネラルが多い食物なので結石が出来やすいです。

週一回とか特別なご褒美に留めておくと良いでしょう。



最近では飼い猫の寿命も20年と長くなりました。その年まで出来る限り健康で穏やかに過ごして貰えるよう飼い主として、家族として頑張って行きましょう。



201402091422205e3.jpg頼みますニャ(むにゃむにゃ…)



※「家の猫、いつもと様子が違うかも?」と思ったらアニマルクラブ不妊予防センターまでお越しください。


【アニマルクラブ不妊予防センター】
診察日:毎週火曜・木曜
留守電&ファックス
0225(23)2680
メール
animalclub30@gmail.com

良かったら1ポチお願いします。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する