FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2016年03月03日 (木) | 編集 |
※当ブログはリンクフリーです。画像・文章転載の場合も基本申請などは不要です。


『かざして募金』 ご協力お願いします。


img_main_01.jpg


アニマルクラブ石巻は、1月7日からソフトバンクが提供する「かざして募金」の寄付サービスを利用開始しています。
スマホやPCから簡単に寄付ができ、SoftBank携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができます。
(※SoftBankのスマートフォン以外をご利用の方はクレジットカードでのお支払いとなります。)


皆さんから寄せられた寄付は、アニマルクラブで暮らす猫や犬の医療費や生活費、また避妊予防センターで助けを必要としている動物達(飼い主不在の犬猫含む)の医療費等の助成金として使わせていただきます。

募金窓口
★クレジットカードの方はコチラ
★ソフトバンクのスマホをお持ちの方はコチラ

アニマルクラブのホームページにも専用の窓口があるので、ぜひともご支援をよろしくお願いいたします。


facebook.jpg


アニマルクラブ石巻Facebook←クリックで開きます


★Amazonほしい物リスト公開中です。

■Amazonほしい物リスト【猫用】←クリック!
■Amazonほしい物リスト【犬用・その他】←クリック!






高齢化社会の問題は動物たちにとっても暗い影を落としています。

飼い主が亡くなって残されるペット達。

亡くならないまでも入院などで自宅に戻れなくなることもあります。

お金なら誰もが進んで受け取りたがるでしょう。

形見であっても物なら捨てることができます。

では飼い主が居なくなったペットは…?


2016030316495257d.jpg


写真のちょびこちゃんは、一人暮らしのおばあさんが飼っていた老猫さんです。先日認知症が進んだおばあさんが老人ホームに入るにあたり、荷物も運び出された家に一匹だけで取り残されてしまいました。


ちょびこちゃんにとって幸運だったのは、おばあさんの家に通っていたヘルパーさんが見兼ねてアニマルクラブに相談を寄越したことでしょう。


(保護されなければ、最早飼い主の意向は確認出来ないので、役所の選択は動物愛護センターで殺処分する他無かったかも知れません。)


高齢者に限りません。若い人でも引っ越しや入院などで同じ状況に遭遇した場合、「殺処分はかわいそう」と遺棄を選択する人が多いのが現実です。


私も野良猫のことをよく分かって居なかった頃は、「猫好きや餌やりさんは結構多いだろうから、野良になっても何とかたくましく生き抜いて行くんだろうな~」なんて思っていましたが…、そんなものは全くの幻想だったことを思い知りました。


2016030317193645a.jpg


家の猫を見れば分かりますが、完全室内飼いされている猫にとって、外は恐怖でしかありません。車の往来などにパニックをおこし、必死で誰にも見つからない場所に籠城するでしょう。

20160303171937291.jpg


飼い主以外の人間は当然のこと、知らない猫にさえ警戒して隠れてしまう猫がどこから餌をもらうことが出来るでしょう?
飢えて衰弱して死んでしまうこともまれではありません。

(実際テンコちゃんはガリガリでフラフラしていたから保護出来たと言えます。)


どんな事情があっても犬猫を捨てることは犯罪です。違反すれば50万円以下の罰金に処されます。


先日観たテレビでも、ある動物保護団体は高齢者だけの世帯には犬猫を譲渡しない、という規定を設けているとありました。

アニマルクラブではそこまで厳密に禁止にはなってないと思いますが、私個人としてはせめて子猫や子犬を求めるのは止めて欲しいと思います。

小さい頃から飼えばよくなついて良い子になる、は幻想です!

成猫・成犬の方がずっと飼いやすいですし、性格も落ち着いて本当に自分に合った子を見つけることが出来ます。

老後の慰めとしてペットを飼うならば、その前に残されたペットを託せる人間関係を築いておくべきだと思います。そして出来れば引き取った人が苦痛にならないよう飼育に必要なお金をある程度残してあげることも飼い主としての責任だと考えます。



《急募❗》

アニマルクラブで犬猫のお世話をしてくれるボランティアさん大募集中です!週1~3日程度(平日)通えそうな方が居たらまずアニマルクラブにご連絡ください。




【アニマルクラブ避妊予防センター】
毎週 木曜 10:00~18:30 受付
留守電&ファックス0225(23)2680
メールanimalclub30@gmail.com
ホームページ http://a-c.sub.jp/


★お願い★
お問い合わせのメールに返信すると、10件に1件くらいエラーで戻ってきてしまう事があります。
gmailなどは知らずに受信拒否設定されている場合もありますので、お問い合わせ&里親希望の際は、アニマルクラブ(animalclub30@gmail.com)からのメールが受信出来る様に設定・確認のほどお願いいたします。


※追記

ちょびこちゃん、声がとっても可愛いです(*≧з≦)!
でも診察したら途中でポロッと歯が抜けたって…、結構お歳かもよ~😅



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
人も年をとりホームに入らざるを得なくなりますが
残されてしまった動物たちはどうしたらいいのでしょうか…
飼い主さんとともに年をとり
追い出されたり殺処分されたりではやりきれません。
必ず自分の年や状況をよく考えてからにしてもらいたいです。
悲しすぎます。
2016/03/05(土) 15:14:51 | URL | O.Y #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する