FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015年12月31日 (木) | 編集 |
今年もアニマルクラブ、そして避妊予防センターではここに書ききれないほどの命のドラマがありました。

保護している猫90頭の内半数近くが15歳を軽く超え、20歳を超えた猫も少なくありません。



今年はその長老たちの中で、ずっと代表の側に寄り添い20年以上、二人三脚で看板猫として愛されてきた猫の団蔵が亡くなりました。

DSC_15001-168x300.jpg
代表に抱かれる『団蔵』

そして後を追う様にして、同じく長老組の『キャラ』『ペタ』『みみお』も虹の橋を渡って行きました。

キャラペタ
三毛の『キャラ』と『ペタ』

みみお
保護した子猫の時から両目が白内障だった『みみお』


若くして急逝した『チップ』もいます。

団蔵&チップ
最後のひと時共に過ごした『チップ』と『団蔵』


飼い主の手術の為預かっていた島の猫『マーチャン』も飼い主に再会することはありませんでした。

20151121164935.jpg



猫も20歳を超えれば、毎日の補液と投薬、こまめな検査は欠かせません。


猫を飼い始めてまだ5年の私には、<最後まで責任を持って飼う事>の覚悟を教えて貰ったような経験でした。


また相変わらず「NPO法人って国から助成金とか貰ってるんでしょ~?」なんて思って強引に捨猫の引き取りを依頼してくる人も居ますが、アニマルクラブを含め、どの動物(保護)団体も国の支援などありません。

ボランティアはみんな主婦だったり、学生だったり身の回りに居る普通の人達ですから負担は同じようにのしかかっているんです。

カンパに依存せざるを得ない現状ですから、震災後立ち上がった保護団体は資金的に苦しくなり、解散してしまうという状態です。

アニマルクラブも同じです。なので子猫や捨猫の受け入れなんてとても出来る状況ではないんです。

ただ、アニマルクラブには避妊予防センターを通して動物たちを救う術があるからこそ、続けていられるのだと思います。


動物たちも人間と同じように病気になるし、同じように苦しい思いや痛い思い、不安でいっぱいになる心も持っています。


『せめて最期に体を横たえる場所が冷たく硬い所でないように、せめて最期に見る景色が自分を襲って来るカラスなどではなくて、母さんの代わりであるように…。』



そんな思いで周りの犬猫たちに手を差し伸べてくれる人を一人でも増やし、共に行動して行く事が私自身の来年に向けての抱負でもあります。


個人的には家を卒業した家猫修行組が幸せに暮らしている様子がメールで送られてきて喜びの多い一年でした。


そしてきっと来年も・・・



(; ^ ^ )・・・(冷汗)



『もう居たりして♪』
DSC_0039.jpg


【予告】
新年早々預かり教育スタート! 白黒ちゃんは無事卒業出来るのか?!



来年も時々更新は続くと思いますが、たまに覗きに来てください。

それでは皆様良いお年を!!


【アニマルクラブ避妊予防センター】
毎週 木曜 10:00~18:30 受付
留守電&ファックス0225(23)2680
メールanimalclub30@gmail.com
ホームページ http://a-c.sub.jp/


★お願い★
お問い合わせのメールに返信すると、10件に1件くらいエラーで戻ってきてしまう事があります。
gmailなどは知らずに受信拒否設定されている場合もありますので、お問い合わせ&里親希望の際は、
アニマルクラブ(animalclub30@gmail.com)からのメールが受信出来る様に設定・確認のほどお願いいたします。




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
我が家の2匹の猫さんをこちらでご紹介して頂いて
離れている所に住んではいますができる事での
ご支援はさせて頂きたい思っています。

アニマルクラブさんの所の猫さんたちが もう
そんな高齢だったのですね。

みなさんの犬 猫に対する意識が向上していってもらいたいものですね。

ちゃこぶーさん ボランティアの皆様 一年間お疲れ様でした。
そして いつもありがとうございます。
2015/12/31(木) 21:07:52 | URL | O.Y #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する