FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2013年12月17日 (火) | 編集 |
朝に猫を預けた後、お迎えの時間まで用事を片付けていたら、午後4時前には「お迎えに来ても良いですよ。」と電話が来ました。
意外に早く終わり焦りと安心とが半々な中、急いで迎えに直行したのでした。


術後初の対面です。お疲れ様ー!!






( ̄▽ ̄;)?麻酔がまだ少し残ってるのかな。

着せて貰っている保護服は、傷口を舐めさせないようにする為のもので、この状態で10日間過ごします。

雄の場合はカラーを付けるだけで済むのですが、当人の負担は保護服と変わらないかもしれません。

■参考


「飲食が出来るようになるのは午後7時以降」と注意点を教わり、最後は精算です。


気になる金額は……

12,000円也。←(!!)

通常だと3~5万が当たり前の所が大半ですから、不妊予防センターがとても良心的なのは分かって貰えると思います。

「はぁ~~、やっと帰れるわぁ。」

家に帰ると早速お兄ちゃんたちに報告。目一杯甘えてねぎらって貰ってました。

「お疲れさん。」「いえいえ。」


午後7時、少し控えめにあげた御飯をペロリと完食&おかわり催促。服を着ている以外はいつもと変わらぬ姿にやっとこ安心出来ました。


「異常ナーシ!!」


以上が不妊手術当日の流れです。
今回は手術だけでしたが、希望があれば「血液検査」や「マイクロチップ埋め込み」も一緒にして貰えます(別途料金)。

中型犬までなら犬でも対応出来ますので、不妊・去勢が必要な子がいるのでしたら是非【アニマルクラブ不妊予防センター】にご相談ください。


※飼い主のいない(野良の)子や、数が多い場合は「助成金」も出るそうです。悩む前に相談してみてくださいね。


【アニマルクラブ不妊予防センター】
留守電&ファックス
0225(23)2680
メール animalclub30@gmail.com


応援頂くと励みになります。





ゆっくり休んでね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する